CT診断で正確に見極める

CT診断インプラント治療は骨の状態に左右されやすい治療です。骨の量が不足していると、インプラント体の埋入が難しくなり仕上がりや予後に影響してきます。レントゲンでは正確な見極めが難しく、今やインプラント治療においてCT診断は欠かせない診断といわれています。当院でも最新のCTシステムを導入し、精密なCT診断を実施しています。

カウンセリング後、インプラントを希望される方には必ずCT診断を行っています。CTで撮影したデータをコンピューターに取り込みシミュレーションソフトで分析すると、骨の太さや硬さ・柔らかさがわかります。使用するインプラントのサイズや埋入位置・角度などを割り出すことができ、シミュレーション通りに手術を行うことで安全で確実な位置に埋入できるようになります。

ノーベルガイドシステムで手術の精度を高めるノーベルガイド
CTは診断だけでなくノーベルガイドを製作する際にも欠かせない存在です。ノーベルガイドは手術中に使用するマウスピース型の補助器具です。ソフトで埋入位置をシミュレーションしたデータをノーベルガイド社に送ると、穴が開いているガイドが送られてきます。この穴はインプラント体を埋入する穴になり、ガイドを装着して手術を行うことで正確な位置に埋入でき、術中のリスクを回避することができます。これによりインプラント手術の安全で正確なインプラント手術が提供できます。

歯科用CT・歯科用CTドックによる精密な診査・診断はこちら

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております