安全で確実なインプラント

インプラント

「インプラントにしたいけど、手術があるので怖そうなイメージがある」「手術中は痛くないの?」このようにインプラントに対してネガティブなイメージをお持ちの方も多いようです。インプラントは40年以上の実績があり術式も確立している治療です。手術中は麻酔をするので痛みはほとんどありませんし、事前診断とシミュレーションをきちんと行うので安全です。当院でも安全性を重視したインプラント治療に取り組んでいます。

当院では必ずCTで正確に診断した上で、確実に治療ができる症例に対してのみ実施いたします。難しい症例・手術については、設備の整った提携医院で手術を受けていただく場合もあります。こうした最善の治療方法により、インプラント治療の質と安全性を高めています。術後の処置や治療後のメインテナンスは、全て当院で責任をもって対応いたしますので最後までお任せください。

<インプラントとは>インプラント
インプラントは、歯をなくしたあごの骨にチタン製の人工歯根(インプラント体)を埋入して、歯の機能を回復する治療法です。インプラントの最大のメリットは他の歯に負担をかけずに失われた機能が回復でき、お口全体の歯の健康が守れることです。治療のために他の歯を削る必要がなく、しかも審美性の高い人工歯を装着するので、限りなく自然の歯に近い咬み心地と美しさを取り戻すことができます。

CT診断で正確に見極める

CT診断インプラント治療は骨の状態に左右されやすい治療です。骨の量が不足していると、インプラント体の埋入が難しくなり仕上がりや予後に影響してきます。レントゲンでは正確な見極めが難しく、今やインプラント治療においてCT診断は欠かせない診断といわれています。当院でも最新のCTシステムを導入し、精密なCT診断を実施しています。

カウンセリング後、インプラントを希望される方には必ずCT診断を行っています。CTで撮影したデータをコンピューターに取り込みシミュレーションソフトで分析すると、骨の太さや硬さ・柔らかさがわかります。使用するインプラントのサイズや埋入位置・角度などを割り出すことができ、シミュレーション通りに手術を行うことで安全で確実な位置に埋入できるようになります。

ノーベルガイドシステムで手術の精度を高めるノーベルガイド
CTは診断だけでなくノーベルガイドを製作する際にも欠かせない存在です。ノーベルガイドは手術中に使用するマウスピース型の補助器具です。ソフトで埋入位置をシミュレーションしたデータをノーベルガイド社に送ると、穴が開いているガイドが送られてきます。この穴はインプラント体を埋入する穴になり、ガイドを装着して手術を行うことで正確な位置に埋入でき、術中のリスクを回避することができます。これによりインプラント手術の安全で正確なインプラント手術が提供できます。

歯科用CT・歯科用CTドックによる精密な診査・診断はこちら

術後の不安を取り除くために

インプラントインプラントは手術が伴う治療です。痛みや腫れが出ないよう細心の注意を払っていますが、それでも痛みやトラブルを心配される方がいらっしゃいます。当院では万が一のことを考えて術後に院長の連絡先をお伝えしています。もし痛みや腫れが引かない場合は、連絡していただければていねいに対応いたします。

手術した翌日は誰でも不安ですが、休診日にあたると何かあっても対応できません。万が一トラブルがあった時に速やかに対応できるように、休診日前日にはインプラント手術を行わないようにしています。患者さまの不安に速やかにお応えすることも医療の一つだと考えていますので、何かありましたら遠慮せずにご連絡ください。

治療を終えた後の主役は患者さま
治療期間中は歯科医師が主体となって万全の体制で進めていきます。治療が成功するように全力を尽くしますが、治療を終えた後の主役は患者さまです。インプラントを長持ちさせるには、メインテナンスと定期検診が欠かせません。さらに毎日の歯磨きも重要です。当院で行うメインテナンス・定期検診と、ご自身で行う歯磨きの両方をしっかり行う事で、口腔内の衛生状態が整ってインプラントが長持ちします。当院でも精一杯サポートいたしますので、治療を終えた後はご自身でしっかり管理してください。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております